酸洗いの目的

 酸洗とは、硫酸や塩酸などの強酸に、ステンレス(SUS)などの金属鋼材を漬け込むことで、表面に付着している酸化被膜や錆などを洗浄・除去する化学洗浄処理方法のことです。酸洗いの目的は、主に以下の3つです。

①金属表面の不純物の除去
 上記の通り、酸洗いの主な目的は、表面の不純物を除去するためです。表面の不純物には、例えば溶接時の変色部や焼鈍時の黒皮、錆、バリ、微細なキズ、切削油、手汗、汚れなどの不純物全般です。多くの金属製品の場合は、この酸洗が最終工程とされることも多いので、外観品質の重要性を求められる場合には酸洗処理を行います。

②メッキや塗装前の下地処理
 メッキや塗装などの加工工程の前処理として、酸洗い処理を行います。酸洗いによって表面の油分を除去し、また適度なざらつきを表面にもたらすため、表面にメッキや塗料がより密着するようになり、表面処理の品質が向上します。また、切削加工やショット加工の表面の前処理としても酸洗い処理は有効です。

耐食性の向上
 ステンレスには、表面に不動態被膜を形成するという特徴があります。酸洗い工程によって、不動態被膜を再形成(不動態化処理)することで、ステンレスの耐食性を向上させることができます。素材そのままの状態でも被膜は形成されますが、加工、溶接、切断などの工程を踏む上で、熱影響や傷が発生することで被膜が破壊され、錆が発生し耐久性に問題が生じます。
 そこで、酸洗いによってステンレス表面に数nmほどの強固な表面被膜を再形成させることで、表面内部を保護して錆びにくい状態を維持することができます。

酸洗いの注意点

 一方、酸洗いには2つ注意点があります。1つは、酸洗い工程によって仕上がり面が梨地になることです。梨地になることで、光沢がある表面が曇ったつや消し状態になってしまいます。そのため、光沢を求められる製品の場合には酸洗い加工は適しておりません。酸洗い工程の代わりに、電解研磨やバフ研磨など別の工法処理によって光沢面を得る必要があります。
 また、酸洗いを行う上では、安全面を十分に考慮する必要があります。酸洗い工程では硝酸、フッ酸、塩酸、硫酸などの危険な薬品を使用します。そのため、作業者の健康被害を考慮した作業時の事故発生の防止を十分に検討する必要があります。また、酸洗いの処理工程は、洗浄→水洗い→酸処理→水洗い→中和→水洗い→純粋洗浄→乾燥という工程を踏みます。この処理工程において発生する排水や有毒な亜硝酸ガスに対しては、廃水処理や排気設備など、設備全体を含めた安全対策が必須になります。

酸洗いをするなら

 酸洗いには多くのメリットがあるものの、実際に行う上では製品の使用用途を考慮したり、正しい知識・作業手順を理解した熟練の作業者が、専用の設備を用いて酸洗いを実施しなければなりません。
 当社では、酸洗い工程のみにとどまらず、電解研磨やバフ研磨など別の工法処理にも対応できます。酸洗い実施の際は、是非とも当社にお任せください。

 

ステンレス表面仕上げの基礎知識はこちら >>

当サイトの技術サービスはこちら >>

製品事例はこちら >>